読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たびのきろく

カバ好き人間のたびのきろく。

日本橋三越 岩合光昭写真展 ねこの京都・千葉そごう ねこ&ねこのとけい展

ゴールデンウィークの最中・・友人と日本橋三越本店にて始まった、岩合光昭写真展「ねこの京都」を観に行きました。

   f:id:kabakabatamanegi:20170506142844j:plain

   f:id:kabakabatamanegi:20170506142938j:plain

↑この写真の大きな石の猫、どこかで見たことあるような・・と思っていたら、なんと河井寛次郎記念館で撮影されたものだそう。本物、というかオリジナルは木彫りの猫でした。

   f:id:kabakabatamanegi:20170506142950j:plain

↑マスキングテープで描かれた猫の絵。

以前の写真展でもこんな感じの絵があったような。

   f:id:kabakabatamanegi:20170506143005j:plain

↑写真スポット。

赤い毛氈の台に座って、右側に置いてある猫面?を口にあて、片手をあげ、写真が撮れる(撮ってくれる係員がいます)というシステム。

       f:id:kabakabatamanegi:20170508154831j:plain

はっきり言ってちょっとはずかしい・・。

自分は撮影スペースのみ撮影させてもらいました。

   f:id:kabakabatamanegi:20170506143023j:plain

↑ポストカードだけ購入。

物販では岩合さんに関係ない、猫グッズも沢山売っていたり・・。

日本橋では15日まで。この後、京都に巡回するそうです。

 

この日、日本橋三越は「全館 ねこづくし」とかいうキャンペーンを開催中

   f:id:kabakabatamanegi:20170506143037j:plain

   f:id:kabakabatamanegi:20170506143101j:plain

入口や、中央ホールには巨大な猫が。

   f:id:kabakabatamanegi:20170506143117j:plain

↑このパネルのお相撲さん、後で調べたところ、蒼国来(そうこくらい)関らしい。

荒汐部屋に福をよんだという、猫の写真展示もやっていたようです。

   f:id:kabakabatamanegi:20170506143138j:plain

そういえば地下にいた店員さんも猫耳のカチューシャをしていたっけ・・。

   f:id:kabakabatamanegi:20170506143158j:plain

↑猫神社??

 

この日は地下でオニギリ系の姪のためにバームクーヘンを購入した後、コレド室町にあるパン店にて休憩。

「水分をもっていかれる」という表現がピッタリの、カボチャ系のマフィンが美味しかったです。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※

ゴールデンウィークの最終日、千葉そごうで開催していた(7日で終了)同じく岩合さんの写真展「ねこ&ねこのとけい」展も観ました。

たまたま見つけまして、最終日に滑り込んだ次第。

   f:id:kabakabatamanegi:20170508153220j:plain

   f:id:kabakabatamanegi:20170508153323j:plain

この写真展は「ねこ」展と「ねこのとけい」展から選りすぐりの写真を展示したものらしく・・どうりで、以前もみたことがあるような写真が多かったです。

写真集を購入すれば岩合さんのサイン会に参加できましたが・・直近ではなく2時間後の回だったので参加せず。

   f:id:kabakabatamanegi:20170508153402j:plain

↑海(かい)ちゃんという、岩合さん自身が16年飼っていた猫のポストカードセットを買いました。左は、そごうの地下で期間限定で販売していた、高級なかっぱえびせんです。

 

三越の場合、三越伊勢丹のカードを持っていれば入場無料ですが、そごうはカードを持っていても200円割り引いてくれるだけだったり。

岩合さんには「ねこ」もいいけど、ぜひ「カバ」展を開催してほしい・・。

 

本日はここまで。