読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たびのきろく

カバ好き人間のたびのきろく。

上野たび レオナルド・ダ・ヴィンチ展-天才の肖像

先日、藝大の美術館で夏目漱石を観たばかりですが、またまた上野へ。

   f:id:kabakabatamanegi:20130624170737j:plain

今回の目的は東京都美術館にて開催中のレオナルド・ダ・ヴィンチ展-天才の肖像

↑ちょっと写り込みがはげしいですが・・。この展覧会は6月いっぱいまで。会期末ということもあるのか、会場内はけっこう混んでいました。会場に入るのは並ばなくても大丈夫でしたが、券売機ではけっこう列ができていました。

   f:id:kabakabatamanegi:20130624170919j:plain

唯一、写真撮影ができる場所がここ↑。複製画の前で記念撮影ができるというコーナーですが、周りの人たち皆がこの絵だけを撮影していました。

もう放送は終了してしまった金曜ドラマとのタイアップ企画だそうで・・。音声ガイドもドラマにでていた俳優2人とTBSのアナウンサーだったので、借りるのをやめてしまいました。。NHKの人でないと嫌だという訳ではありませんが、せめてもっと上手な方に解説してほしい。。ドラマだって、見ていない人のほうが多いだろうし。一応、この「ルクレツィアの肖像」という絵がドラマの中で出てくるのだそうですが。

   f:id:kabakabatamanegi:20130624171517j:plain

↑購入したポストカード。

この展覧会の目玉は写真右側の「音楽家の横顔」という日本初公開の作品。この絵の前はけっこうな人だかりが。絵の前に立ちはだかり、ずっと動かない(絵をひとりじめ)する老眼鏡のおじさん、けっこうヒンシュクかっているのではなかろうか。。

作品全てがダヴィンチのものではなく、ダヴィンチに影響をうけた画家やアンブロジアーナ図書館・絵画館に所蔵されている他の画家の作品も多く・・。正直なところ、内容的にとっても難しい展覧会でした。ダヴィンチに詳しい人でないと何を観ても、ちんぷんかんぷん(自分も含め)ではないかと。。

   f:id:kabakabatamanegi:20130624171709j:plain

チェーザレ(イタリア・ルネサンス時代の軍人・政治家)を描いたという惣領冬実さんの漫画とのコラボレーション企画ということで↑こんなポストカードも売っていました。

チェーザレ 破壊の創造者 特別編 二人の巨匠

チェーザレ 破壊の創造者 特別編 二人の巨匠

モーニング」という雑誌に不定期連載されているそうです。

惣領さんの漫画は単行本で、「ピンクなきみにブルーなぼく」という、わりとかわいらしい作品を読んだ事がありますが、、内容は覚えていません。

 

Pen (ペン) 2013年 5/15号 [ダ・ヴィンチ/ミケランジェロ/ラファエロ]

Pen (ペン) 2013年 5/15号 [ダ・ヴィンチ/ミケランジェロ/ラファエロ]

雑誌「Pen」も会場で売られていました。これを読んで予習し、「ラファエロ」(西洋美術館でやっていた。現在は終了。)も観るべきだったかなーと後悔しつつ会場をあとに。

 

 

おまけ

   f:id:kabakabatamanegi:20130624171819j:plain

前回、上野公園を歩いていた時には枯れそうだったアジサイですが、きれいにさいていたのを発見したので撮影。

 

   f:id:kabakabatamanegi:20130624120242j:plain

↑上野とは全く関係ありませんが、買い物に立ち寄った某駅ビル内で「しまねっこ」(島根県のゆるキャラ)に遭遇。なぜ関東に居るのかは謎ですが。

けっこう人気者でして、他人を入れずに写真を撮るのが難しかったです。

しかし、、くまモンにしろ、バリィさんにしろ、今はどこでもゆるキャラですね。

 

本日はここまで。