読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たびのきろく

カバ好き人間のたびのきろく。

両国たび 旧安田庭園&マーニー展

ちょっと両国まで行ってきました。

まずは駅から5分くらい歩いたところにある旧安田庭園へ。

   f:id:kabakabatamanegi:20140901114512j:plain

ここは元禄年間に庭園として整備され、明治になってから安田財閥が所有。大正になってから東京市に寄贈され、その後、震災、復興され、昭和40年代に墨田区に移管されたのだそうです。

清澄庭園よりは少し小さめ、入場は無料です。

   f:id:kabakabatamanegi:20140901115155j:plain

↑亀を発見。

   f:id:kabakabatamanegi:20140901115221j:plain

↑これは両国公会堂という大正時代の建物。老朽化がすすんでいるとのことで、現在は入ることすらできません。うーむ、残念。

   f:id:kabakabatamanegi:20140901115253j:plain

   f:id:kabakabatamanegi:20140901120050j:plain

   f:id:kabakabatamanegi:20140901115311j:plain

↑こういった自然に浸食?された石、けっこう好きです。

 

庭園をあとにしまして・・相撲博物館が開館していたので寄ってみました。

   f:id:kabakabatamanegi:20140901115357j:plain

いつも開いているという訳ではなく、場所中は国技館の観覧券?が必要とのこと。館内はそれほど広くないです。歴代の横綱写真や優勝杯などが展示されています。

   f:id:kabakabatamanegi:20140901115425j:plain

↑不思議な顔出しパネルが。。遠藤関って人気あるんだなー。。

 

続きまして江戸東京博物館へ。

現在「思い出のマーニー×種田陽平」が開催中。

   f:id:kabakabatamanegi:20140901115511j:plain

正直なところ、映画も観ていませんし、ジブリものは好きではありませんが・・・周りにけっこう好きな人が多いので、物販が目当てで行きました。

思い出のマーニー (新潮文庫)

思い出のマーニー (新潮文庫)

 

どうやら「思い出のマーニー」というのはイギリスの古典的名作らしいということを今更知った次第。展示内容としては美術というか、背景画やジオラマ、部屋を再現したものが主でした。映画の設定としては「架空の海辺の町」ということになっているらしいですが、北海道の風景が元になっているようです。

   f:id:kabakabatamanegi:20140901115535j:plain

   f:id:kabakabatamanegi:20140901115549j:plain

↑これは会場外にあった写真撮影スペース。

映画は観ようとは思わなかったですけど、原作は読んでみようかと思った次第。。今回の展示はどちらかと言うと大人向け。9月15日までやっています。

   f:id:kabakabatamanegi:20140901115607j:plain

↑購入したポストカード。マーニーの絵は全てポスターカラーで描かれています。物販は期待していたほどでもなかったです。魔女の宅急便カードはついでに買いました。

何故かトトログッズやラピュタのカードなんかも売っていました。

 

おまけ

国技館の前は洗剤や歯磨き粉でおなじみのイオン株式会社

   f:id:kabakabatamanegi:20140901115709j:plain

↑駐車場に黄色いライオンが。

   f:id:kabakabatamanegi:20140901115730j:plain

↑この辺りは土地が低いはずなんですが、「両国さかさかさ」という、雨水を貯める装置があったりします。これはライオン株式会社が設置したものだそうです。

   f:id:kabakabatamanegi:20140901115757j:plain

↑ふと目線を上にあげると、「両国予備校」の看板が。

自分が受験生のころは医歯薬系の予備校として有名でしたけど、閉校したんではなかったっけ??と思いつつ。看板だけそのままなんでしょうか。。

 

本日はここまで。