読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たびのきろく

カバ好き人間のたびのきろく。

日暮里・上野たび 森鴎外記念館

連休中のこと。

本来は別の場所へ行く予定だったのですが・・JR日暮里駅で下車。

谷中ぎんざ(商店街)の人混みにうんざりして、、谷中小学校方面へひたすら歩き・・。

   f:id:kabakabatamanegi:20141104110726j:plain

   f:id:kabakabatamanegi:20141104154436j:plain

千駄木駅をぬけて、坂を上ったところにある↑森鴎外記念館へ。

森鴎外が好きだっという訳ではなく・・現在開催中の「流行をつくるー三越と鴎外ー」という企画展を観たかったのと、この建築に興味があった次第。

   f:id:kabakabatamanegi:20141104110747j:plain

企画展は鴎外と三越の関係よりも、杉浦非水というグラフィックデザイナー作の三越のポスターが印象に残りました。。

杉浦非水のデザイン

杉浦非水のデザイン

 

 ↑この本も売っていました。

 

建物の内部はコンクリート打ちっぱなし、のイメージなんですが、外観はレンガ風。

陶器二三雄という建築家の作品。

ここは鴎外の旧居の跡地だそうです。

   f:id:kabakabatamanegi:20141104110807j:plain

↑大きな自動ドア。

企画展のたびに文字など貼り変えるのでしょうか。

   f:id:kabakabatamanegi:20141104110828j:plain

↑休憩室からの眺め。解りづらいですが、青い風車がたくさん。

   f:id:kabakabatamanegi:20141104110916j:plain

森鴎外の一筆箋を買いました。企画展のポストカードがあればよかったのですが。

 

記念館をあとにしまして、根津駅を横目にひたすら不忍通りを進むと、上野動物園池之端(西園のほう。パンダがいる正門方面ではないです。)の前に。

   f:id:kabakabatamanegi:20141104110939j:plain

↑せっかくなのでジロー君(♂・31歳)に会ってきました。すでに食事の時間。

この姿勢でずっと食べ続け・・口以外はほとんど動かず。

当たり前ですが、旭山動物園百吉(♂カバ)とか旭子(♀カバ)に比べると大きいなー・・。顎とお腹が地面につきそう。。連休中ということもあってか、動物園だけでなくカバ舎もかなりの混みよう。こんなに人口密度が高いカバ舎、初めて。

ここにもフラッシュをたいて撮影する輩が。一言、申したかったですが、冷ややかな目線だけ、刺してあげました。

 

カバ舎をあとにしまして・・

   f:id:kabakabatamanegi:20141104111017j:plain

不忍池ペリカンを発見。

   f:id:kabakabatamanegi:20141104111035j:plain

どうやらペリカンと一緒にいたのはカワウらしい・・。

動物園で飼育している訳でなく、不忍池はコロニーになっているようです。

それにしても立派な看板。

   f:id:kabakabatamanegi:20141104111117j:plain

ワオキツネザルも元気そうでした。

鳥ゾーンのところでは外国人の方が「ディス・イズ・ア・バ~ド。」と、教科書みたいな英語を話している側をすり抜け・・この日は弁天門不忍池の横。出口のみ。)から出まして京成上野駅方面へ。

 

 

谷根千※というのは今、人気のエリアらしいけど、休日に歩くものではないなー・・と実感。猫を撮影している人もけっこういるし、喫茶店みたいな休憩処はわりと何処でも満員。谷中・根津・千駄木の略。文京区、台東区の下町エリアです。

それにしても、小学校や派出所に瓦屋根をあしらってみたりして、古い町並み風にしたいのかもしれないですが・・佐原妻籠宿みたいに徹底していないので、ビルもコンビニも入り混じり・・あまり美しくない街並・・と個人的には思ったり。

 

おまけ

   f:id:kabakabatamanegi:20141104111300j:plain

不忍通りを歩いていると、電車を発見。

どうやらこの辺りを都電が走っていたようです(1971年廃止)。

電車自体は新しいような・・。

池之端七軒町という停留場跡地で、今は児童公園になっています。

   f:id:kabakabatamanegi:20141104111449j:plain

   f:id:kabakabatamanegi:20141104111507j:plain

↑谷中ぎんざを逸れ、少し歩いたところで岡倉天心記念公園を発見。

六角堂の中には坐像がありました。

 

本日はここまで。