読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たびのきろく

カバ好き人間のたびのきろく。

ギャラリーめぐり タンザニア・ンゴロンゴロ&チャリティー展

先日、オリンパスギャラリー東京で開催されていた「岩合光昭写真展 いのち育むカルデラ タンザニア・ンゴロンゴロ を観てきました。

東京での展示は終了しましたが、1月の半ばから大阪のオリンパスギャラリーでも開催されるそうです。

   f:id:kabakabatamanegi:20141222111807j:plain

オリンパスプラザの奥にギャラリーは存在します。場所としては都営新宿線小川町駅の出口の近く、靖国通り沿いにあります。JR御茶の水駅からもそれほど離れていません。

オリンパスプラザなのに、うっかり富士フィルムのカメラを下げて入ってしまった。

   f:id:kabakabatamanegi:20141222111822j:plain

この写真展、タイトル通りアフリカ・タンザニア保全地域、ンゴロンゴロを岩合さんが訪れて撮影した写真が並んでいました。けっこう動物に近づいて撮影できるのだそうです。

     f:id:kabakabatamanegi:20141222113004j:plain

※会場内は撮影禁止でした。イラストはイメージです。

↑中でも、「小川の縁に上がって、昼寝を楽しむカバ」の写真にちょっと感動というか、うっとりしてしまいました。。周りの草はカバが食べて刈り取ったのだそう。額のあたりに鳥が乗っていても何も気にしていないところがまた良いです。ポストカードにしてくれれば良いのになあ・・と思ったり。

なお、このカバ写真は300㎜レンズで撮影したとの表記。ギャラリー内で別のお客さんと係員の人が「いやあ、こんなレンズなかなか買えないですよお」とか「岩合さんは三脚使わないらしいですよ。手ぶれ補正がけっこう効くんで」などと会話。気になったのでちょっと調べたところ、どうやら300㎜レンズは65万円以上するらしく・・・。けっこう近づけるとはいえ、やはりそのくらいのレンズがないとアフリカでカバ撮影は難しいのかもしれないです。

 

オリンパスギャラリーをあとにしまして、そのまま表参道へ。

   f:id:kabakabatamanegi:20141222111843j:plain

↑半年に一度くらい開催される恒例のチャリティー展へ行きました。

   f:id:kabakabatamanegi:20141222111854j:plain

いつも通りポストカードを購入。左下の水彩画は隅田公園上野公園周辺を描いたもの。右下の犬とおばあちゃんのカードは百島(ももしま・広島県尾道市)という瀬戸内海に浮かぶ島での一場面らしいです。ちょっと行ってみたい。

   f:id:kabakabatamanegi:20141222111903j:plain

そのまま帰ろうかと思ったのですが、↑レンコン?ペンダントも買いました。

陶でできています。もう少しザラザラなのもありました。しかし・・れんこんチップスみたいだったので却下。

   f:id:kabakabatamanegi:20141222112949j:plain

※イラストはイメージです。カバはレンコンを食べるのだろうか・・。

レンコンピアスもありましたが・・耳に穴はあけていないし、いくらなんでも自分が身につけていたら違和感があるかと思い・・首輪、いやペンダントにしました。

少しでもチャリティーに協力できれば幸い。。

 

おまけ

   f:id:kabakabatamanegi:20141222111911j:plain

↑表参道にあるスパイラルの前にて発見。

クリスマスツリー?かと思ったら、「ブティック!」というファッション&アートの企画展の一環だったみたいです。ちょっと覗きましたが、お洒落すぎて自分にはよくわからず。。フィンランドのアーティストと、ナガオカケンメイさんなど日本人アーティストの立体作品が並んでいました。

 

本日はここまで。