読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たびのきろく

カバ好き人間のたびのきろく。

藝大美術館 ヘレン・シャルフベック展&ジロー君

今回は日記ふうに・・。

 

ぶらり途中下車の旅」というテレビ番組(関東ローカル?)を見てから出発。

   f:id:kabakabatamanegi:20150608101909j:plain

上野へ。不忍池はこの時期↑蓮で相変わらず凄いことになっています。

 

上野動物園池之端から入場し、西園のカバ舎へ。

科学博物館で開催中の「アマゾン展」の半券を持っていたので、団体料金で入場。

   f:id:kabakabatamanegi:20150608101955j:plain

ジロー君は相変わらず・・いつもの場所で昼寝、というかウトウト。

1日に愛媛のとべ動物園からユイちゃん(3歳)という雌カバがジロー君のお嫁さんとして来園したと聞き、カバ舎に行ってみたのですが・・・まだユイちゃんは外には出ておらず。もしかすると遅い時間になれば中で観られるのかもしれません。

また来るとしよう。。

ちなみにジロー君は百吉(旭山動物園の雄カバ)のお婆ちゃん、ノンノン(円山動物園生まれ・現在は長崎バイオパーク)の弟です。百吉のひいお婆さん、バシャンは日立市かみね動物園で暮らしています。

   f:id:kabakabatamanegi:20150608102042j:plain

コビトカバも餌を食べていたり、元気そうでした。

おそらくモミジさんorカエデさん。

   f:id:kabakabatamanegi:20150608102216j:plain

オニグルミがカバ舎の前に。

   f:id:kabakabatamanegi:20150608102318j:plain

西園のギフトショップでカードを買いました。

カバカードは売っておらず。

 

正門のほうから動物園をあとに。

 

大混雑の国立博物館鳥獣戯画は7日で終了)を横目に藝大美術館へ。

開催中の「ヘレン・シャルフベック 魂のまなざし」を観にいきました。

   f:id:kabakabatamanegi:20150608102403j:plain

ヘレン・シャルフベックはフィンランドの画家で、日本では初の回顧展。

幼いころに階段から落ちたことが原因で足が不自由だったり、イギリス人画家に婚約を破棄されたり、いろいろ波瀾万丈なところがあった人生だったようですが画家としては存命中に認められていたようです。

八十年ちょっとの人生の中でいろいろ画風は変わりますが、個人的にはマリー・ローランサンとかワイエス風な絵だなと思っていました。ローランサンとシャルフベックが会った事実はないですが、画商がローランサンの絵をシャルフベックに見せたことがあるとか。

しかし・・シャルフベックが影響をうけた画家はマネホイッスラー、ホドラーのようです。

   f:id:kabakabatamanegi:20150608102440j:plain

購入したポストカード。個人的には自画像とかよりも左上のパン屋の絵が好み。

混んではいませんでしたが、そこそこの人出。

3階の展示室のみを使用した展覧会だったので観やすかったです。

この展覧会は7月26日まで。

仙台、広島、葉山へ巡回するそうです。

 

藝大美術館をあとにしまして・・・上野駅の「のもの」という東日本の物産が売っている店へ行きたかったのですが、改札外にあることが発覚。

   f:id:kabakabatamanegi:20150608102745j:plain

既に改札内に居た自分は、上野駅はあきらめて↑秋葉原駅の「のもの」に寄りました。ここは前回、藝大美術館へ行った際にも寄ったことがありまして、改札内にあります。

   f:id:kabakabatamanegi:20150608102822j:plain

レモン牛乳の姉妹品、コーヒー牛乳と女川の野菜あげを買いました。

このまま帰路に。

 

      f:id:kabakabatamanegi:20150608104649j:plain

帰宅後、録画しておいた「ピエール瀧のしょんないTV」を視聴。

(静岡のテレビ番組。最近になってTOKYO MX2でも見られるようになりました。)

かなり静岡に特化した番組ですが・・ドラマ「ロクヨン」とはかなり違う本来の?ピエールさんが面白いです。

「しょんない」とは静岡の方言で「しょうがない」とか「仕方がない」といった意味らしいです。

 

 

 

おまけ

別の日の話。

昨年と同じ、江戸川の土手沿いのポピー畑をちょっとだけ観に行きました。

   f:id:kabakabatamanegi:20150608103021j:plain

   f:id:kabakabatamanegi:20150608103038j:plain

   f:id:kabakabatamanegi:20150608175415j:plain

ポピーはこうして鑑賞するのに、ナガミヒナゲシ(オレンジのポピーみたいな花)が雑草扱いなのは何故なのか・・。

ポピーも綺麗だったんですが、傍で飼い主と一緒にきていた柴犬?が芝生ぽくなっている所でやたらと背中を掻くべく?のたうちまわっていたのが印象的。

   f:id:kabakabatamanegi:20150608103115j:plain

キンシバイも。

 

本日はここまで。