読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たびのきろく

カバ好き人間のたびのきろく。

千葉市美術館 ドラッカー・コレクション 珠玉の水墨画展

週末のこと。久しぶりに千葉へ。

JR千葉駅にて下車。改装中の駅を抜けまして、

↓大きなモニュメント付きの噴水を発見。

   f:id:kabakabatamanegi:20150615113644j:plain

花は全く咲いておらず。市民憩いの公園のようです。

 

今回の目的は千葉市美術館で開催中の「ドラッカー・コレクション 珠玉の水墨画 『マネジメントの父』が愛した日本の美」。

   f:id:kabakabatamanegi:20150615114130j:plain

前にも書きましたが、千葉市美術館は市役所が入っている建物の7階と8階にあります。1階は元銀行だった場所で現在は「さや堂ホール」として貸し出されています。

   f:id:kabakabatamanegi:20150615114201j:plain

昨年、赤瀬川原平さんの展覧会を観にきた時には↑ここでドラマの撮影をやっていました(後でわかったのですが、「お兄ちゃん、ガチャ」という深夜のドラマだったようです)。

   f:id:kabakabatamanegi:20150615113931j:plain

建物入口の柱。↑

経営学の大家であったピーター・F・ドラッカーは10年ほど前に亡くなっています。何年か前に日本では↓「もしドラ」でちょっとしたブームになったようですが、自分は本もアニメも観ておらず。。しかも、なんとなくコトラー(マーケティング理論を書いた人)とごちゃ混ぜになっていました・・。

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則

 

日本美術のコレクターでもあったドラッカー勲三等瑞宝章を受賞していたり・・。

佐藤栄作・総理大臣だった時代)

コレクションの他、愛用品や田中一松氏との往復書簡、名刺なども展示されています。これらを見ると、かなり合理的な人物だったのかと思われ。。

 

ロンドンのギャラリーで日本の絵を見かけてから集め始めたという、彼のコレクションはパッと見、水墨画や禅画が多く、モノクロな世界。海外で人気がある浮世絵らしき絵が1枚もないのが凄いところ。

尾形光琳伊藤若冲与謝蕪村、谷文晁、雪舟のお弟子さんの作品も。「若冲はここのところ日本で人気があるけれども、ドラッカーは1980年にニューヨークで手に入れていた」と解説にありました。

 

今回のコレクション展示は全て日本初公開という訳ではなく、なんと1980年代に根津美術館(東京・青山)や上野松坂屋大阪市立美術館などで巡回展があったとか。うーむ、全く知らなかった・・。

 

   f:id:kabakabatamanegi:20150615114248j:plain

購入したカード。左から、若冲光琳、精庵の作品です。

個人的には海北友松白隠、柴庵の作品も良かったです。

 

 

   f:id:kabakabatamanegi:20150615114350j:plain

↑ミュージアムショップで購入した若冲のポストカードとファイル(展示はされておらず。展覧会とは関係ないです。)

左が「雷神図」で右が「鸚鵡図」。

同じ柄の手ぬぐいを買おうかとも思いましたが・・手ぬぐいって日常で使えないし、額装しても飾るところないし・・扱いに困るので止めました。マグネットやマグカップもありました。

 

ここの美術館、何故か会期が始まってもコンビニやモノレールの所定の駅では前売り価格でチケットを購入することが可能。美術館の当日券は1200円。自分はセブンイレブンのマルチコピー機で購入したので1000円でした。

 

この展覧会は28日まで。

テレビで取り上げられたらしいので混んでいるかと思いきや、ほどよく観覧できる程度でよかった・・。

 

 

   f:id:kabakabatamanegi:20150615114431j:plain

また来月、ルーシー・リー展の時に来ることにしよう・・。

その後に開催される唐画の展覧会(左のチラシ)も魅力的。

 

 

おまけ

   f:id:kabakabatamanegi:20150615114455j:plain

美術館へ向かう途中、NTTの1階に物産館みたいなものがありました。チーバ君(赤い犬)は知っていたけど、この戦隊ヒーローみたいなの、誰なんだろう?

   f:id:kabakabatamanegi:20150615114527j:plain

周りにもちらほら紫陽花が。

       f:id:kabakabatamanegi:20150615121558j:plain

美術館の少し先で、2階部分がどう見ても傾いているラーメン店(営業中)を発見。

店主は傾いた床で寝ているのだろうか・。

 

本日はここまで。