読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たびのきろく

カバ好き人間のたびのきろく。

横浜赤レンガ倉庫 ミッフィー展

週末のこと。

ちょっと早起きをしまして、みなとみらい方面まで出かけてきました。

 

昨年の春、銀座の松屋ミッフィーを開催していたのは知っていたものの、行けずじまい・・。横浜赤レンガ倉庫に巡回していると知り、寄ってみました。

横浜のあとは島根に巡回するそうです。

   f:id:kabakabatamanegi:20160808113108j:plain

赤レンガ倉庫にちゃんと入ったのは初めてかも・・。

他にコンサートみたいなイベントもやっていたらしく、発声練習?のような声が響いていました。

   f:id:kabakabatamanegi:20160808113125j:plain

今回の展覧会は昨年、ミッフィーが誕生して60周年を迎えたことによる記念として企画されたもの。

展示は大きく4つの部屋に分かれており、最初の2つの部屋(主に原画)は撮影禁止。

↓立体的なものは撮影することができました。

   f:id:kabakabatamanegi:20160808113145j:plain

個人的にはミッフィーよりも他の動物キャラのほうが好きなのですが。

   f:id:kabakabatamanegi:20160808113156j:plain

   f:id:kabakabatamanegi:20160808113206j:plain

↑カバも発見。日立市かみね動物園のチャポンに少し似ているような・・。

 

ミッフィー・アートパレードというコーナー。

   f:id:kabakabatamanegi:20160808113223j:plain

日本のクリエイター15組が180センチのミッフィー像をデコレーション?というか、ミッフィーオマージュ化?した作品が並んでいました。

これは必要なのか??要らないような気がーー・・・。

   f:id:kabakabatamanegi:20160808113234j:plain

↑輪郭線を強調した、祖父江慎(ブックデザイナー)さんの作品。

 

ポストカードと、姪たちに缶入りチョコレート(右下・本当は2つ)を買いました。

   f:id:kabakabatamanegi:20160808113256j:plain

右側のうさぎのカードはミッフィーの原型である「インチェ」時代のカードです。

インチェを描いたのは1955年くらいの話で、「うさこちゃん」として日本で刊行されたのは1964年のことだそう。厳密にいうとナインチェ誕生から60年?ということらしいです。

 ↑ナインチェはこんな感じで、今のミッフィーよりも耳が開き気味。

ブルーナ氏は確か高齢のため、何年か前に引退されたときいたような。

 

基本的に物販は松屋が仕切っているようでして、配送希望の場合は一度、松屋経由になるような理が書いてありました・・。

物販のほうがメイン?なのでしょうか。個人的にはもっと展示のほうを充実させてもらいたいものです。

   f:id:kabakabatamanegi:20160808155230j:plain

※イラストはイメージです。

・・・と書いておきながら、横浜会場限定のキタムラK2コラボバック(赤レンガ風)はちょっと欲しかった(限定50点につき、既に無かったです)。

 

 

 

おまけ

 

この日の昼ごはん。

馬車道駅よりも日本大通り駅(にほんおおどおり駅。日本大学には関係ないです。)の近くのサンドイッチ専門店にて、エビアボカドサンドを食べました。

   f:id:kabakabatamanegi:20160808113314j:plain

写真にはうつっていませんが、コーヒーもポットで出てきました。

サラダの向こうにあるのはポテトチップスです。

パンはライ麦か否か選ぶことができます(写真はライ麦)。

 

本日はここまで。