読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たびのきろく

カバ好き人間のたびのきろく。

大分たび 高崎山

九州

大分たびの続きです。

行く予定はなかったのですが、うみたまごの向かい側にある高崎山にもちょっと寄ってみる事に。うみたまごから歩道橋で道路を渡ってすぐです。

どういう訳か、お土産店はうみたまごの隣の建物にあったりします。

   f:id:kabakabatamanegi:20121226031514j:plain

↑きっぷ売り場から見下ろしたところ。

もう少し早かったら紅葉がきれいだと思われます。

   f:id:kabakabatamanegi:20121226031528j:plain

↑この猿と山を合わせたようなキャラクターは「たかもん」というそうで・・。

   f:id:kabakabatamanegi:20121226031621j:plain

待合室の中に入るとこんなものが。↑大分出身の元AKBの人がこの高崎山の猿に名をつけたけれども、その猿は亡くなってしまったらしく・・。ですが、いろいろな所にこんなアイドル押し?のポスターやらサインが貼ってあったりします。

   f:id:kabakabatamanegi:20121226031828j:plain

   f:id:kabakabatamanegi:20121226031848j:plain

歩いてもいけますが、5分程ゴンドラみたいなのに乗って山を登ります。

ゴンドラからも猿がちらほら。

   f:id:kabakabatamanegi:20121226032032j:plain

ゴンドラを降りると、、わりと閑散としているなーと思ったのですが・・。

   f:id:kabakabatamanegi:20121226032109j:plain

   f:id:kabakabatamanegi:20121226032123j:plain

   f:id:kabakabatamanegi:20121226032142j:plain

餌の時間になるとものすごい生存競争というか・・。

どこからこんなに来たのか?というくらいの猿・猿・猿。

日光の猿と違って、基本的には人に危害を加えませんが、食べ物や食べ物らしきもの(イチゴの形をしたぬいぐるみとか)はちらつかせないように!とマイクを持った係員の人が注意をうながしていました。

あと、あまりあからさまに目をあわせて写真を撮ったりシャッター音をさせないほうがよいらしいです。

   f:id:kabakabatamanegi:20121226032512j:plain

↑合計で1300匹以上いるらしい・・。A群は既に群れをなしていないのだそう。

係員の人はどの猿がボスで、どの猿がこの前子供を産んだとか区別がつく感じ。

高崎山には猿がいることは以前から知っていましたが、、もっと山の中で野生化しているのだとばかり思っていました。。

   f:id:kabakabatamanegi:20121226032830j:plain

↑雨が降っていたので誰もいませんでしたが、顔出しパネル。

周りに鐘があったりしたので、後で調べてみたらやはりここは万寿寺(まんじゅじ)というお寺の別院だそうです。ずっと本堂建設予定地でありながらも未だ建設されていないもよう。。まあ、これだけの猿を移動させるのは至難の業かなーとは思いますが。。

 

このあと再びバスに乗り、宿泊予定の別府駅付近の温泉ホテルへ向かいました。

 

 

 

おまけ

   f:id:kabakabatamanegi:20121226214424j:plain

大分では「エブリワン」というコンビニと、「Joyful」というファミレスを時々見かけます。Joyfulは高千穂にもあったかな・・。ちょっと入ってみたかった。

後で調べたところ、エブリワンを運営している会社はココストア(ピンク色のコンビニ)も運営しているのだとか。ココストアは石垣島でも見かけたような。エブリワンは九州限定らしいです。

 

大分たびはまだ続く。。