読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たびのきろく

カバ好き人間のたびのきろく。

六本木たび 会田誠展

東京

週末、六本木森美術館で開催中の「会田誠展 天才でごめんなさい」

を観てきました。

   f:id:kabakabatamanegi:20130128101630j:plain

昨年はけっこう混んでいたらしいので、そろそろ落ち着いたかなーと思い行ってみた次第。隣でプラネタリウム的な展示をやっていたこともあり、チケット売り場はちょっと並びましたが会場内はそれほど混雑していませんでした。

   f:id:kabakabatamanegi:20130128101918j:plain

入り口に吊るしてあった提灯?。これも作品なのか??

 

会田誠さんの作品は正直なところ、これといって個性が無いというか・・。

とにかくバリエーションにとんでいます。

18禁なる部屋や、小腸の部屋?とかいう赤い部屋、小学生に戻って描いたかのような絵が並んでいる部屋、段ボール工作みたいな部屋もあり・・。

 

 

 

   f:id:kabakabatamanegi:20130128102201j:plain

   f:id:kabakabatamanegi:20130128101454g:plain

作家/作品名:会田 誠《考えない人》

この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示・非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

   f:id:kabakabatamanegi:20130128102241j:plain

↑唯一、写真撮影が許されているのがこの作品。クリエイティブ・コモンズの表示をつければブログに画像をあげてもよいそうです。

確かに考えてなさそうな人というかオニギリ・・ではありますが。

どう見ても、お尻からでた物の上に座っていますよね??

 

   f:id:kabakabatamanegi:20130128102913j:plain

↑購入したポストカード。

右側の作品「あぜ道」が個人的にはけっこう好きです。

この作品は豊田市美術館の所蔵で、作品保護のため、2月19日までしか展示されないのだとか。

今回の展覧会、こういった作品ばっかりだったら良かったのですが。。

左側の作品「滝の絵」はジグソーパズルも売っていました。

 

グッズにはなっていませんでしたが、個人的には「津田沼」という昭和風の写真作品が一番好きでした。

 

  f:id:kabakabatamanegi:20130128103403j:plain

↑しかし・・「あぜ道」はこうしてタペストリーになってしまうとちょっと気味悪い。

トリミングが悪いのか??

 

 

この展覧会は3月いっぱいまでやっていますが、「あぜ道」を観たい方はお早めにです。お子さん連れでは行かないほうがよいかなーと思います。。

時間がなかったので今回は断念したのですが、、隣でやっていたプラネタリウムも観たかった。。

 

会田誠展はここまで。。