読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たびのきろく

カバ好き人間のたびのきろく。

浦和たび 馬場のぼるの世界展

関東

世間でいうところのお盆休みの間、浦和へ行ってきました。

   f:id:kabakabatamanegi:20130819135056j:plain

↑駅前にて浦和うなこちゃんを発見。

見た目通り、やなせたかし先生デザインです。さいたま観光大使なんだとか。

浦和ってウナギが有名だったのか??初めて知りました。

手に持っている団扇はイベントごとに変わるそうです。

どう見てもオニギリな感じがして仕方ありませんが。。

   f:id:kabakabatamanegi:20130819135335j:plain

↑この日の目的はうらわ美術館で開催中の「11ぴきのねこと馬場のぼるの世界展」。

この美術館はホテルの3階にありまして、初めて来た自分はちょっと迷いそうになりました。

   f:id:kabakabatamanegi:20130819135606j:plain

   f:id:kabakabatamanegi:20130819135627j:plain

馬場のぼる氏は「11ぴきのねこ」シリーズで有名(自分もそれしか読んでいなかった)ですが、もともと漫画もけっこう描かれていたようです。手塚治虫氏とも交流があったとか。「11ぴきのねこ」はもっとほのぼのした感じの絵本だという記憶だったのですが、、猫たちは鳥を丸焼きにして食べようと企んでいたり・・やや残酷な話も。子供向けの絵本とはいえ、現実的なところも話として含ませているのかもしれないです。

   f:id:kabakabatamanegi:20130819135645j:plain

↑会場入り口にあった顔出しパネル。

会場内は撮影不可。絵本の原画が展示の中心ではありましたが、馬場のぼる氏が子供の頃に描いた絵(けっこう上手い)なんかもありました。

絵本としてではなく、原画を眺めていると個人的には「お笑いマンガ道場」の鈴木先生を思い出してしまう感じでして。。。

   f:id:kabakabatamanegi:20130819135700j:plain

↑購入したポストカードともらったチラシ。

あまり時間がなかったのでポストカードだけ見つくろって会場をあとに。

この展示は9月1日まで。読み聞かせのイベントなんかもあるようです。

 

それにしても浦和って駅前には小さめの伊勢丹イトーヨーカドー、反対側にはパルコがあってなかなか便利そう・・。

 

本日は短めにここまで。